道具類の蔵
浮翠庵top
小物類

昔の粋人は小物の一つ一つにも自分なりの美意識を持ち、又それに応えるべく職人たちも腕を競った物です。

女性の小道具

女性が家庭内で使う道具類も、古き良き時代には手をかけた物が沢山見られます。使い捨て、大量生産の現代ではこんなに手をかけては、いくら掛かるのかと考える様な道具が沢山有ります。

古い時計には今のクオーツ時計にはない優しさが有る様な気がします。コチコチという時を刻む音は、秒単位の世の中で何か少しゆっくり出来る様に誘ってくれるようです。

大道具類

大道具のネーミングは少し大げさですが、卓上に置けるかどうかで分けてみました。柄は大きくても出来の良い、職人の腕が良く分かる道具類です。また、大きいだけに見栄えのする物ばかりです。

文房具類にはいつも心惹かれます。カメラも同様ですが、いつも売り場に立つと買う気がなくても見とれてしまいますね。

大道具類
漆器の棚

漆器は日本を代表する工芸品、2,000年以上前から使われ、親しまれてきました。漆器の暖かみを古人は愛したのでしょうね。